大衆割烹「いち味 京橋店」 作るのは 男前?オナベちゃん!運ぶのは 美人(?)オカマの姉さん♪料理も話も天下一!一度、遊びに来ませんか?

    平成30年5月コース料理

    皐月のコース料理
    2名様よりご予約承ります
    おひとり様2570円 

    テーマ:「新緑」
    満開の桜もいつしか葉桜となり、
    かざす手のひらも青く染まり、
    日差しが少しきつく感じられるようになりました。
    そんな新緑をイメージしたコース料理です

    P4256044 コース 






    前菜 五種盛
    ・新じゃが昆布山椒 ・くるくる玉子 ・はんぺん胡麻串揚げ
    ・オクラ梅カツオ和え ・ヨーグルトサラダチキン
    造り その日入った新鮮な魚をご提供させていただきます
    焼物 豚肉ロールステーキ 新玉巾着
    煮物 春キャベツロール
    揚物 玉子コロッケ コロコロそら豆
    飯物 とろろ胡麻ポタージュ蕎麦
    甘味 カリトロ揚げプリン
    スポンサーサイト
    1. 2018/04/26(木) 12:39:14|
    2. 今月のコース料理
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    H30/4/26今週のおすすめ「空豆の塩麹焼き」

    空豆の塩麹焼き

    P3295874 空豆の塩麹焼き 

    塩控えめ塩麹を使用しておりますので
    そら豆のうまみが
    はっきりわかるひと品です

    空豆は、疲労回復、貧血予防、整腸作用などがあり、
    美容にも健康にも役立ちます。
    カロリーも5粒で20kCalと低めで、
    糖の吸収も緩やかなことから、
    ダイエットにも向いていると言えます。
    1. 2018/04/25(水) 19:19:10|
    2. 今週のおすすめ
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    平成30年5月 3種呑くらべ 

    皐月の3種呑みくらべ
    @60ml×3 ¥1,000

    今月は、両関酒造株式会社(秋田県)の
    お酒を呑みくらべます
    両関酒造がある秋田県南部 湯沢市周辺は、
    湯沢市には、酒米研究会があり常にお酒に適した
    お米の育成に尽力しております。
    夏は暑く、冬は2メートル前後の雪で覆われます。
    厳しい自然環境であるが故に良質な水にも恵まれております。
    また、独自に「低温長期醸造法」を開発しました。
    この技術を各蔵元へ公開し、東北の酒造りの向上に
    貢献しております

    両関酒造3種写真 

    ・両関 純米酒
    ・翠玉 特別純米 生酒
    ・蒼玉 純米吟醸 玉苗

    1. 2018/04/25(水) 18:50:15|
    2. 今月の呑みくらべ
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

     第28回日本酒の会

     第28回日本酒の会 ポスター 写真
    1. 2018/04/19(木) 06:47:37|
    2. お知らせ
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    H30/4/19 今週のおすすめ「ブロッコリーと人参のポテトお焼き」

    ブロッコリーと人参のポテトお焼き

    P3295858 ブロッコリーと人参のポテトお焼き 

    とろけたチーズの上に、赤いソースをトッピング
    お肉を使っていませんので、ハンバーグじゃなく
    見た目可愛いおやきです。

    おやきは別名「やきもち」とも言われ、
    信州の昔ながらの郷土食です。
    寒冷な気候の厳しい生活の中の智恵から
    生まれた食物とも言われています、
    小麦粉や蕎麦粉を練って作った皮で具を包む
    冬の保存食とし重宝されています
    1. 2018/04/19(木) 06:32:46|
    2. 今週のおすすめ
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    H30/4/12今週のおすすめ「豆腐のかば焼き」

    豆腐のかば焼き

    P3295880 豆腐のかば焼き 

    見た目はウナギの蒲焼き!食感は・・・・
    精進料理では豆腐だけで肉を使いませんが
    どうも味気ないと思い
    豚ミンチを混ぜました。
    あっさりしていますが味わい深い一品です

    蒲焼の語源ですが
    昔は、開かずに竹串にさして丸焼きしており
    その形が「蒲の穂(がまのほ)」に似ていたことから
    「がま焼き」と言われ、なまって
    「かばやき」になったとする説。
    焼きあがった蒲焼の色や形が、
    「樺の木」に似ていることからとする説。
    香りの良さから「香疾(かばや)」と呼ばれ、
    転じて「蒲焼」になったとする説。
    「蒲鉾焼き」が略され、「蒲焼」になったとする説。
    など諸説あります
    1. 2018/04/12(木) 06:27:25|
    2. 今週のおすすめ
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0